スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月の宴

やふほい(挨拶)小豆長光です
すっかり涼しくなって秋刀魚の脂にご家老が憂慮する季節になりまして。

9/22浜松町とさんぼーでの月の宴2の情報です
新刊「えいえん亭のえー琳先生」
eienteinohyoushi01.jpg
…もうこのタイトルと装丁で本出せただけで満足
今回は永琳メイン(+と愉快な兎達)の徒然コミュニケーションストーリーです
あ、ウチの本なので毎度の如くあの人は出ますのでハイ
若干のサンプルはこちら
04p.jpg  13p.jpg
あと今回合体参加の茜屋さん/茜屋ぐーたら店さんで本に合わせたえー琳先生手拭いをつくってもらいました
tb.jpg
茜屋さんのとことあとうちでも若干部頒布させていただきます

それともう終わったのですが9/6のこみっくトレジャーの茜屋さんの合同本「時ニハ鬼ノ話ヲシヨウ」に
短編を寄稿させて頂きました
企画ページはこちら
もう通販が始まってる頃なのでどぞよろしく

さて夏コミの本「Jesus Christ Superstar」ですが
大変反響もよく感想もとてもありがたく拝見させてもらっています
それと同時に各所の質問や解説を求む声もありました
蛇足ですがそれこそパンフレットによくあるストーリーのあらまし調に書き連ねてみましたので
本と同時に見比べて頂けると幸いかと思います
続きを読むからどうぞ

コメントお返し
ソアラさん
今回は永遠亭サイドということでしたが
妹紅でも何かお話書いてみたいです
その時はまた読んでいただけると嬉しいですー
Jesuschristsuperstarhyoushi.jpg

Jesus Christ Jesus Christ
Who are you? What have you sacrificed?
Jesus Christ Superstar
Do you think you're what they say you are?

Jesus Christ Superstar

八雲家の庭先に咲くあじさい・・・
今日から八雲の術の初手・鬼の使役を橙に教えるにあたって
藍が授業をしています
当の橙はすやすや居眠り
居間の掛け軸は伊達政宗の遺訓
 馬上少年過   戦場で駆け慣らした荒々き若き頃は過ぎ
 世平白髪多   世の中もすっかり平和となり年もとってしまった
 残躯天所赦   天が余生を許す限りは
 不楽是如何   楽しまなくては勿体無いでしょう
まだまだ子供の橙の様を微笑ましく見つめながら
藍は若かった在りし日の自分を思い出します・・・

____________

時は平安、人と妖怪がまだ袖触れ合う頃
下野那須野の荒野に追ってから逃れるべく走り去る
一匹の金色の九つの尻尾を持つ女狐の精の詩型がそこにはありました

この世に生を受けた一匹の獣として拠り所を求め
けれどもその愛は人には禍を及ぼすほどの強過ぎる為に
三国を追われ彷徨い東へ東へと山海を越え極東のこの国に辿り着き
一旦は時の天皇の寵愛を受けるものの
それが元来この国に住い加護する伏見の山の狐たちの縄張りの鼻っ柱に引っかかり
霊験を操り毒婦玉藻前として人心の悪意をなすりつけ
またも京から東国の下野那須へと追われる事と相成りました

朝廷は稀代の陰陽師安倍晴明の子孫安倍泰成を征討軍の軍師とし討伐を企画します
しかし人間如き何千何万かかろうとも三国に名を轟かせた
狐精の敵ではないことは泰成も承知
そこで泰成はとある行者に助けを請いました
それは赤と青の鬼をつかう一人の行者。名を八雲紫。
紫は紫で日本に住まう妖怪として信太森の葛葉狐の血筋の者の頼みを
無碍に断わるわけにも行きません
渡世の義理と言う奴です

かくして【三浦介常陸介の二将とした八万の軍勢】と狐精の戦いが繰り広げられるわけですが
実力の差は東方好きの諸兄には今更語らずともよいでしょう
「確実に中る矢(※那須に伝わる話に紐解く)」を打たれ捕らえられる狐精
紫の降伏を促すのばした左手の薬指に噛み付き必至の抵抗するも
悪狐としての振る舞いの裏の実を見透かされ
もう逃げる東の土地もなく追い詰められた事を悟り
ついに死を覚悟します


・・・




しかしそこは気まぐれスキマ
あわれな女狐への憐憫の情とアホな男どもへのちょっとした懲らしめがあったのでしょう
京の安倍泰成には九尾の狐は退治したと伝え
そこらにある手頃な巨石に藍の三国悪狐としての意思をその石に封印し
その石に九尾の狐を封印した身代わりとしたのでした
そしてその巨石にこっそりと菊と桐(どちらも朝廷の紋)の境界を与え
もし調子付いた人間が名声ややなんやらでこの石を壊し退治したと嘯いた時は
この国ごと割れる石のように砕くように仕込んだのです
紫にすっかり見透かされてたのでしょうか
かくして玄翁和尚のせいで解放された呪が後醍醐天皇にダキニ天信仰を狂信させ
南北朝に政ごとの境界が割れ、果ては全国が群雄割拠に分かれた戦国時代になるわけですが
それはまた別のお話・・・

全ての事は済み晴れて一匹の獣として野に生きろと告げて立ち去る紫
思わず狐精が呼び止めます
力が強すぎるからこそ誰にも受け入れられない心が解する紫も常に孤独を背負ってるのでは
自分もいくとこがないし何より
初めてまともに自分を受け入れてくれたあなたなら付き従える・・・と
泥棒は出来ないけどきっと覚えます
幸せを訊ねて私は行きたい荊の道もいてつく夜も二人で渡ってゆきたい
ルパンならここでクラリスを止める所でしょう

世は並べて笑った方が負け
「フフおいで」
褥に「来つ寝」よは契約の言葉
かくして苦難の贖罪の象徴である荊の冠を賜った狐精・八雲藍は
東の向こうにもうひとつ東の国、紫の愛する幻想郷に
神隠しに逢う事になりました
傍らで密かに悪狐であったわだかまりの意志が砕けたのでもありました


_____________


橙の声に物思いから引き戻される藍。狼ならぬ猫の一声はピリっとした香辛料
たしなめられて笑うその顔は
若き日の怒りや憂いに苦悩したそれではなく
慈愛の聖母にも似た笑顔なのでした


紫は博麗神社でそれぞれ上海と黄昏に派遣した前鬼後鬼からの報告を聞きます
いよいよ幻想郷に新しいふたつの世界が訪れようとしています
そうそれは未知との遭遇・・・

ふと紫は左手の薬指に疼きを覚えます
それはそうあの時の思い出の傷の痛み
術者として気をつけなければならない
かけた術が還ってくる逆凪
障りと称して自嘲しつつも愛おしくキスを返す紫に
そのキスの意味も薬指の赤い血のリボンの行方も
尋ねるのは野暮なことでしょう

居場所を得た狐と帰る場所を得た孤独なスキマ妖怪
あの日交わした契約の輪は
荊の冠だったのかトスをするガーターだったのか
結局大いなる力の向こうの一介の人として「救われた」のは
キリストだったのかユダだったのか
もしくはどっちがキリストでユダだったのか
それは紫が帰り藍が迎える八雲家の玄関先に互いに咲くあじさいだけが
知っているのかもしれません
あじさいの漢字は
紫陽花とも
真集藍とも
書きますしね





・・・ベツレヘムの星とはキリストが生誕した時
星の名を冠とした小さな幸せの花
受難を暗示するゴルゴダの丘と下野の賽の河原那須野原
そして幸せに抱かれた優しい胸の丘の上に
こっそりひっそり咲きました
それはちょっとしたユダの愛の裏切り
あの人をどうすれば愛せるのだろう
なせあの人は私の心を揺さぶるのか
ああジーザスクライストスーパースター


fin
スポンサーサイト

テーマ : 東方プロジェクト
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

小豆長光

Author:小豆長光
生まれも育ちもずんだ県萩の月市の帰りおた新参
今は東方と虹裏の境界あたりに巣食う昭和の乙女です
ギャラリー代わりのピクシブ:ID4200

既刊はこちらのショップさんで取り扱ってもらってます
banner_200x40[1]">banner_200x40[1]
comiczin_banner3[1]">comiczin_banner3[1]
banner.jpg">banner.jpg
ご依頼・お便りなどはこちらに
azukiosamitu【半角@】hotmail.co.jp
バナー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。